ぼっち謳歌られるらのまったり一人旅日誌

海外やカメラ、自転車、青春18きっぷ、登山、野宿などまったり一人旅の日誌を書いていくブログです

北陸の白えび天丼リベンジ、in 東京

どうも、られるらです。

 

実は先月、北陸旅行に行った時どうしても食べたかった白えび天丼を食い逃してしまってたんですね。

 

そして、今日東京駅をぶらぶらしてご飯を食べてから静岡へ帰ろうとしていた時、

 

富山 白えび亭

 

の文字を見つけてしまいました。

 

なんで東京駅にあるの?!!

と思いましたが、見つけて2秒で入店。

f:id:muro5866:20190430222339j:image

 

素材の味を壊さないよう配慮した薄味の衣、ブリプリの透き通るように美しく白いエビ、もうめちゃくちゃ美味しかったです。

 

富山湾の宝石と呼ばれるだけあるって感じです。
f:id:muro5866:20190430222343j:image

 

大満足なられるらでした。

 

ではでは

国立ひたち海浜公園、茨城のネモフィラ

どうも、られるらです。

 

すごく久しぶりに更新します感じがします!

 

ゴールデンウィークということで、今茨城県の国立ひたち海浜公園という場所に来ております!

ネモフィラという青い花が一面に咲き乱れる景色を見れる茨城の一大観光地です。

 

f:id:muro5866:20190429131610j:image
f:id:muro5866:20190429131604j:image
f:id:muro5866:20190429131622j:image

 

菜の花も咲き乱れ、ネモフィラとよく合った色調となっています。
f:id:muro5866:20190429131554j:image

 

めちゃくちゃきれいできたが、一人でくるとこではありませんでした。(ぼっちの人が他にいない)

 

ではでは

徹夜のあと

どうも、られるらです。

 

実験が難しすぎるのと、全く勉強出来ないのと、陰キャなのが災いしてメンバーについていけずハブられているので徹夜で勉強してました。

 

そんな徹夜後の夜明けの写真です。

f:id:muro5866:20190422053724j:image
f:id:muro5866:20190422053721j:image

f:id:muro5866:20190422053718j:image
f:id:muro5866:20190422053716j:image

 

最近写真も取れないほど余裕がなかった、、、

久しぶりに撮るとやっぱり楽しいですね!

 

ではでは

レポート地獄でブログ放置 ■情報科学実験の闇その2■

どうも、られるらです。

 

前回更新よりも大分ご無沙汰しております。

いや~、実験忙しすぎです。

f:id:muro5866:20190422053227j:image

 

静岡大学情報科学実験を履修しているのですが、(必修なので履修しなければ留年)課題の難しさと作業量が膨大すぎて、全くブログを更新できないんですね。

 

実験レポートを書き始めている友人が

「先週から毎日数時間書いてるのに全然終わらねえwww」

と言っていました。(僕は落単すれすれを冒険するギリギリ大学生なのでまだ書き始めてすらいないです。)

 

 

という、闇の実験なんですね。

 

 

そして、静大情報科学実験について調べていたら気になる記事を発見しました。

komeda.hatenadiary.jp

Komedaさん(先輩ということになりますね)の記事です。

是非読んでいただきたいのですが、実験Ⅲ受けたら死にます。

(僕が受けているのはまだまだ実験Ⅰ)

 

実験Ⅰでこの更新頻度なのに、実験Ⅲ(9月から始まります。)が始まったら間違いなく失踪します。

 

毎日きついですが、ゴールデンウィーク旅に出ようと思います!!

 

初上陸の茨城県ネモフィラを見てきたいと思います!!

これを楽しみに頑張りたいと思います、、、

 

ではでは

ブログが更新できない!! ■情報科学実験の闇■

どうも、られるらです。

 

少しばかりご無沙汰しております。 

毎日1記事以上という目標をひそかに立てており、ぽつぽつと記事を投稿してきましたが、こここ2日ほどブログが更新出来なかったような気がします。

f:id:muro5866:20190418032500j:image
 

なぜ、僕がブログを更新できなかったかというと僕の大学には情報科学実験という闇の授業が存在するからです。

 

春休み明け1発目の授業から1時から5時半までぶっ通しの授業が、、、(他の時間にも授業あります)

それが情報科学実験です。

 

しかもこの情報科学実験はグループにもよるんですけど、8時や9時まで残ってやっていくグループも、、、(僕は8時まで)

 

これが昨日だったんですね。

 

これでも全然終わりませんでした。

 

これではまずいということで今日、4時から9時までぶっ通しでやってきたということなんですがまだ半分くらい??という進捗です、はい。

 

グループ内で最も足をひっぱるられるらは特に何もせず2日合わせて約10時間以上パソコンをいじっているだけでした。

 

なんやかんやで家にたどり着き他の講義の課題をやり、やっと今終わったという訳でした。

 

しんど!!!

 

写真を撮って癒されております。

f:id:muro5866:20190418032456j:image

 

ということでブログ更新頻度がガタ落ちしてしまいそうですが、これからもよろしくお願いします、という話でした。

 

ではでは

イナゴや雀を食べられる?!昭和風居酒屋「半兵ヱ」に行ってみた!

どうも、られるらです。

 

昨日、昭和風の居酒屋「半兵ヱ」に行っていました。

この店は「昭和」をテーマにした、レトロ居酒屋なんですね。

f:id:muro5866:20190415162505j:plain

(唯一酔っぱらう前に一眼で撮れた写真です) 

 

外観からメニューまで至るところで昭和風の装飾が施されており、見ているだけで楽しいです。

(酔っぱらってふらふらのときにiPhoneで適当に撮った写真ばかりでへたくそすぎる写真ばかりなので注意してください。)

 

ここのメニューなんですが非常に安いです。

焼き鳥1本50円、揚げ串1本90円、唐揚げ1皿290円などなど

お酒もほとんど290円で、電気ブランやシャンペンソーダ宙ハイなどもあって昭和っぽいです!

いろいろ激安なんですね!

f:id:muro5866:20190414214412j:image

 

ここで、驚くメニュー発見!!

 

イナゴ!!

f:id:muro5866:20190414214359j:image

 

カエル!!(の脚)
f:id:muro5866:20190414214404j:image

 

めだか!!
f:id:muro5866:20190414214416j:image

 

すずめ!!!
f:id:muro5866:20190414214517j:image
 

このようなゲテモノっぽい?メニューも扱っておりました。

味はとてもおいしかったです!

特にカエルは鶏肉とすごく似ていておいしかったです!

 

その後、べろべろに酔っ払って友人の家で10時間程爆睡したのでした、はい。

 

浜松店の場所です。

浜松駅から徒歩5分程度です。

新宿や名古屋などいろんな場所にあるらしいです!

 

安くて、おいしく、面白い店なので是非行ってみてくださいね!! 

 

ではでは

 

 

家系ラーメンだけど女性にも人気?!「清六家」食べてみた!!

どうも、られるらです。

 

先日、静岡駅付近の「清六家」というお店でラーメンを食べました。

 

僕は家系ラーメンを1週間に1度は食べないと死んでしまう体質です。

なので、先日静岡駅を通りかかったときGoogleMapで「家系ラーメン」と検索し近くにあったこの「清六家」というお店にやってきました。

 

なんとこのお店、家系ラーメンのお店なのに「家系じゃないっぽいラーメン」がありました。

それがこの清六家人気No.2、女性人気はダントツのNo.1を誇る

清六家特製 極み鶏

です!!
f:id:muro5866:20190414153351j:image

 

スープは家系とは違ってさっぱりしています。

中華そばのスープのようなあっさりさではなく、味も濃厚なのにさっぱりとしたテイストのスープになっていてとても飲みやすいです。

女性にも人気というのにも納得です!

 

麺は家系ラーメンと同じく固く、太い噛み応えのある麺です。

麺にしっとりと絡んだスープと、ず太い麺の組み合わせは最高でした。

 

ガーリックチップがアクセントになっており、スープにジャンキーさを加えています。

レモンが付いており、さっぱりとした味わいが楽しめます。

 

また、ランチは半ライス無料です。

ライスともよく合うスープで、雑炊風にしてもおいしかったです。

 

僕はほとんど家系と次郎系ラーメンしか食べないのですが、この「清六家特製 極み鶏」は非常に気に入りましたね。

 

ちなみに、このメニュー以外はほとんど家系のこってりラーメンになっていたと思います。

今度来たらそっちも食べたいなぁ。

 

場所は静岡駅から徒歩10分ほどです。

静岡駅に来たら是非寄ってみてください!!

 

ではでは

旅好きの節約術7選 宿代を激安に安くする方法!!メリット&デメリット紹介

どうも、られるらです。

 

みなさん、旅に行くとき日帰りで行きますか??

それとも、泊りで行きますか??

 

旅ってなると日帰りではなく2~3日くらいが一番多いと思うんですよね。

そうなると、絶対に必要となってくるのが「泊まる場所」です。

 

ホテルとか旅館ってどんなに安くても1泊6000円とかしますよね。

これだけのお金があれば、温泉に入って、ソフトクリームやコロッケを食べ歩きして、ご当地グルメを堪能して、お土産なんかも買っちゃったりなんかして、、、

なんてことをしてもありあまる金額です。

 

しかも、一人旅の人は一人で部屋に泊まると少し割高になることもあったり、、、

 

・正直ホテルって高すぎる、、、

・宿代に使うお金を減らして違うことに使いたい、、、

・寝られさえすればどこでもいい

・ホテルは高すぎるけど漫喫に泊まるとかも嫌、、、

・野宿してみたかったんだぜ!

 

という方!!宿代を最大限節約して旅を楽しんでしまいましょう!!

 

ということで、旅先で宿代を激安にして泊まる方法を7つ紹介していきます。

※下に行くほど安く、潔癖症な方には無理?な泊り方になっていきます。

 

目次

 

1.カプセルホテルに泊まる

f:id:muro5866:20190409152446j:plain

最初のおすすめ宿代節約方法は「カプセルホテルに泊まる」です。

 

カプセルホテルほとんどホテルと同じような必要最低限の設備が整っているのにも関わらずホテルよりもかなり格安で泊まれてしまうホテルです。

ホテルと大きく違う点は部屋がなく教養部屋でカプセル式ベッドに寝るという点ですね。

 

値段は1泊2000円~4000円程度が多いです。

僕が以前新宿で止まったカプセルホテルは1泊3000円でした。

これでも高いと感じる方はいるかもしれませんが、普通のホテルよりはとても安いです。

 

1-1.カプセルホテルのメリット

・ちゃんとした宿泊施設であり、しっかり寝られる

・大浴場、サウナが付いてることがある

・シャンプー、リンス、ボディソープ、髭剃り、くしなどのアメニティが各種そろっている(ほとんど無料)

・ドライヤー、洗面所、コインランドリー、コインロッカーなど各種そろっている

・フロントは24時間やっていることが多いのでチェックイン・アウトが真夜中でもできる

・清潔なことが多い

・充電ができる

・翌日10時くらいまでいられる

 

1-2.カプセルホテルのデメリット

・カプセル式ベッドなので個室は狭め

・共用部屋なので音がすることもある

・基本食事はついていない

 

2.ゲストハウスに泊まる

f:id:muro5866:20190413155257j:image

2つ目のおすすめは「ゲストハウスに泊まる」です。

 

まさに旅人って感じの宿ですね!!

基本的にはカプセルホテルと似ていますが、大きく違うのは店員やほかの宿泊客と仲良くなりやすいことだと思います。

店員さんやオーナーもフレンドリーなことが多いですよ!

 

値段は2000円~3000円程度です。

 

2-1.ゲストハウスのメリット

・ちゃんとした宿泊施設であり、しっかりと寝られる

・店員や宿泊客と仲良くなりやすい

・シャワーなどが付いている

・キッチン、ドライヤー、洗面所、コインロッカーなど各種そろっている

・充電ができる

・漫画や本、娯楽などがあるので遊ぶことができる

・翌10時くらいまではいられる

 

2-2.ゲストハウスのデメリット

・共用ドミトリーであり、周りの音が気になることがある

・あまり清潔でないところもある

・ロビーがうるさいこともある

 

3.漫画喫茶で寝る

f:id:muro5866:20190409152020j:plain

3つ目のおすすめは「漫画喫茶で寝る」です。

 

漫画喫茶は宿泊目的で来る人も大勢います。

もちろん漫画も読めるので楽しいです。

 

値段は6~9時間パックで1200円~2000円程度です。

 

6時間パックや9時間パックなど時間で料金が決まるので朝ゆっくりしたい方はなるべく夜遅くに店に入ることをおすすめします。

 

3-1.漫画喫茶のメリット

・漫画、ネットなど利用し放題

・ドリンクバーが付いてくる

・店によってはソフトクリームやスープバーなどもある

・オーダーすれば食事は頼める

・有料シャワーがある

・店内は非常に静か

・充電できる

・24時間営業でありいつでも入れる

・学割が使えることもある

・ソファやリラックスチェアなので寝やすい

・ブランケットやスリッパを無料貸出ししてくれる

 

3-2.漫画喫茶のデメリット

・個室を清潔にしているところも多いが、雰囲気が清潔でない(アダルト広告などがあるため)

・初回利用では会員登録(店によっては有料、200円~300円程度)が必要な店もある

・6時間パック、9時間パックなど時間が決まっているので朝早めに出ないといけないことが多い 

 

4.カラオケで寝る

 f:id:muro5866:20190413155306j:image

4つ目のおすすめは「カラオケで寝る」です。

 

値段は店によっても大分違いますが、1000円~2000円程度です。

 

最初数時間は歌って、疲れたら寝るというのがおすすめです。

 

4-1.カラオケのメリット

・カラオケが歌えるので楽しい

・1オーダー制でなければドリンクバーが付いてくる

・店によってはソフトクリームやスープバーなどもある

・充電できる

・深夜は営業しており、いつでも入れる

・学割が使えることもある

・ソファなので寝やすい

 

4-2.カラオケのデメリット

・シャワーや風呂はない

・食べ物はオーダーできるが割高

・ 店内がうるさい

・画面を消さないと明るくまぶしい

・朝5~6時に営業終了する店が多く、寒く、他の店も営業していないときに外に出される

(JOYJOYは朝8時まで営業する店が多い)

・布団がない

 

5.24時間ファミレスで寝る

f:id:muro5866:20190413155330j:image

5つ目は「24時間ファミレスで寝る」です。

 

値段は頼むものによって違いますが、ドリンクバーだけでしたら500円程度です。

マックでしたら100円です。

 

ドリンクバー単品で頼むか、格安の食べ物1品+ドリンクバー(セット価格になり安くなる)で頼むのが一番安いです。

 

また、カウンター席は突っ伏して寝るならいいのですが、背もたれがほしいならソファの付いている席にしましょう。

 

ここで注意ですが、仮眠をしていると注意してくる店や、24時間営業でも深夜は持ち帰りの実でフードコートを閉鎖する店も(実際、金山駅のマックでつまみ出されたのですが)ありますので十分注意してください。

 

ちなみに、24時間営業している代表的な店はデニーズ、ガスト、ジョイフル、マックでこの4つが圧倒的おすすめです(あまり注意もされたことはないです)。

次におすすめがすき家松屋です。

 

上記にあげた店でも店舗によっては24時間営業でない店もありますので注意してください。

寝づらく、仮眠程度の睡眠しかできないのでしっかり寝たい方にはあまりお勧めできません。

 

5-1.24時間ファミレスのメリット

・食事を頼めば普通に美味しいものを食べられる

・ファミレスならドリンクバーをつけられる

・破格の安さで寝られる

 

5-2.24時間ファミレスのデメリット

・店員と周りの目が気になる

・寝転がって寝ることができない

・充電できない(まれにマックなどで充電ができる店がある) 

・シャワー・風呂がない

・寝にくく、疲れもとれにくい

・周りが少しうるさい

・電気がまぶしい

 

6.公園で野宿する

f:id:muro5866:20190406235525j:plain

次におすすめなのが「公園で野宿する」です。

 

もし、冬や十分寒いときに泊まるのでしたら6、7は選ばない方がいいです。

本当に寒くて全く寝られません。

また、海外でするのも絶対にやめた方がいいです。

治安が悪いところでは襲われたりすることもあるらしいからです。

 

値段はもちろん無料です。

 

旅人っぽくてなかなか楽しいですよ!

 

6-1.公園のメリット

・無料である

・水場もある

・朝、非常にすがすがしく、気持ちいい

・マットと寝袋を持参していればかなり快適に寝られる

・自転車旅と相性がいい

 

6-2.公園のデメリット

・冬に公園で寝ると死ぬ

・秋の終わりや春の初めでも十分寒い

・屋根付きベンチでない場合、雨天時に不可能

・夜襲をかけられないか不安になる

・車のライトと騒音が気になる

・シャワーや風呂はない

・マットなどを持ってきていないとベンチが固い

 

7.ベンチで寝る

 

最後のおすすめ節約方法は「ベンチで寝る」です。

 

これももちろん無料です。

基本的には6の「公園で野宿する」と一緒です。

 

ベンチは大きい駅構内や駅地下、駅付近にあることが多いです。

 

7-1.ベンチのメリット

f:id:muro5866:20190409151946j:plain

・無料である

・マットと寝袋を持参していればかなり快適に寝られる

・ほかにも人が寝ていることがあり、安心感がある

・駅付近にあることが多くアクセスが良い

 

7-2.ベンチのデメリット

・冬に寝ると死ぬ

・秋の終わりや春の初めでも十分寒い

・屋根付きベンチでない場合、雨天時に不可能

・夜襲をかけられないか不安になる

・車のライトと騒音が気になる

・シャワーや風呂はない

・マットなどを持ってきていないとベンチが固い

・ベンチの形状にもよるが寝づらいものもある

・水場がない

 

いかがでしたか?

写真は昔撮ったものばっかりだったので下手糞すぎるのしかなくてすみません。

後半の3つは少し勇気がないとできないかもしれませんが、やってみると意外と楽しかったり、やっぱり辛かったり、、、なんてこともあります。

次、旅に行くとき是非参考にしてみてくださいね。

 

ではでは

家系最強の店?!魂心屋の塩ラーメン食べてみた

どうも、られるらです。

 

今日は家系最強を謳う最強ラーメン店、魂心家に行ってきました。(というかいつも行ってるんですが)

 

今回僕が頼んだのは「塩ラーメン」です。

普通のものだと680円です。

他に醤油、味噌もあります。

家系ラーメンということで

・硬さ

・濃さ

・油の量

を選ぶことができ、卓上のにんにくなどの調味料は入れ放題です。

 

翌日ほぼ何も予定がないことをいいことにすりおろしにんにく山盛り5杯くらい入れてしまいました。

帰宅後自分でも息が腐っているのが感じられましたね。

 

f:id:muro5866:20190413001301j:image

 

なんと、この店ライス無料で食べ放題なんです。

しかも、20時まで麺大盛り無料コスパ最強です。

家系最強の称号も伊達ではないですね。

 

また、ラーメンの汁を飲み切ると「まくり証明書」なるものがいただけます。

これを提示すると、トッピングが1品無料になります。

 

 

ということで、680円でライス無料食べ放題、麺大盛無料、トッピング無料という家系最強のお店なのです。

 

気になった方は是非食べてみてくださいね、「魂心屋」というお店です。

 

ではでは

国内旅行に行くときの持ち物って何??持っていかなくてもよかったもの&持っていってよかったもの&最低限の荷物&役立つ持ち物一覧

どうも、られるらです。

 

みなさん、旅行は好きですか??

旅行というのは実に素晴らしく人を成長させたり、大きくしてくれます。

そんなこんなで、旅行が好きな人、旅行に行く人、旅行に行きたい人は多いと思います。

 

f:id:muro5866:20190411154812j:image

 

そんなときに心配なのが「持ち物」ですよね??

直前で準備して、慌てふためき結局何か忘れ物をしてしまい、家に戻ったり、旅先で買ったりとよくあることです。

 

そこで今回は旅に実際自分が持っていかなくてもよかったもの、持っていってよかったもの、必須の最低限の持ち物、持っていくと役立つ持ち物の一覧を紹介していきたいと思います。

 

また、荷物を預ける人はいいんですが、バックパッカーのように荷物を背負ったまま歩き回る方(僕もそうですが)は

荷物は必要最低限、なるべく軽く

を心がけてください。

 

旅は歩く距離がどうしても多くなりますから、荷物が重いまま歩き回っては疲労が速くなり最大限旅を楽しむことができません。

荷物は必要最低限、なるべく軽くを心がけてくださいね!!

 

持ち物一覧(優先度順)

 

1.これだけは絶対忘れてはならない!必須の持ち物一覧

11までは絶対に忘れないようにしましょう。

最悪、11以降は旅先で買ったり、無しで過ごしたりできます(が、もちろん準備した方がいいです)。

f:id:muro5866:20190411154834j:image

 

1.現金

言わずもがなの必須品です。

旅先にはクレカなどで支払えない店など非常にたくさんあります。

多めに持っていくと安心です。

 

2.スマホ&充電器&(あればモバイルバッテリー)

観光地情報や乗り物の時刻、周辺の食事処、宿泊先などなんでも調べられる必須の持ち物です。

また、旅先でSNSやブログに投稿したり、写真を撮ったり、暇つぶしに使ったりと多用途なのでモバイルバッテリーがあると安心です。

 

3.キャッシュカード

万一現金が足りなくなったり、落としたり、盗まれた時に口座から引き出せます。

 

4.クレジットカード

現金を使わなくても支払いができるので便利です。

 

5.乗車切符や入場チケット(事前に買ってある人)

青春18旅行なのに青春18きっぷを忘れたなんてなったら目も当てられません。

購入するには高価なものも多いので絶対に忘れないようにしましょう。

 

6.免許証(持っている方)

原付や車で旅をする方は必須です。

また、旅先での本人確認のときに役立ちます。

 

7.学生証(学生の方)

学割が受けれるところもあるので持っていって損はしません。

 

8.健康保険証

万一旅先の病院に行くことになったときのために持っていくとよいでしょう。

 

9.眼鏡&眼鏡ケース(眼鏡やコンタクトの方)

特にコンタクトの方は眼鏡を忘れやすいのでよくチェックしましょう。

さらに、眼鏡ケースも忘れやすいものなので忘れないように要注意です。

 

10.コンタクトレンズ&洗浄液&コンタクトケース&予備のコンタクト(コンタクトの方)

せっかくの旅はコンタクトでしたいですよね。

 

11.服用薬(ある方)

ある方は忘れずに持っていきましょう。

 

12.髭剃り&整髪料または生理用品&化粧品

髭剃りシェイバーはトラベル用のミニサイズを持って行っています。

ちなみに僕は整髪料を使っていないです。

 

13.歯ブラシ&(あれば歯磨き粉)

こちらも歯磨き粉はミニサイズを持って行っています。

 

14.ビニール袋

ゴミ袋に、濡れた衣類を入れるのに、小分けするのになど様々な用途に使える便利なものです。

小サイズと中サイズで2~3枚持っていくと重宝します。

 

15.下着

日数分+1日分くらいで持っていくといいです。

 

16.靴下

歩きっぱなしや、雨濡れなどにおいが気になるのでこちらも多めに持っていくとよいです。

 

17.タオル

先頭や温泉で使えたり、雨に濡れたときに使えたり、何かと役に立ちます。

 

18.着替え

僕は冬で2~3泊くらいだったらもっていかないです。

とてもかさばりますし、汗もかかないのでそんなに気になりません。

夏でしたら薄手のTシャツなどかさばらないものが多く、汗もたくさんかくので2~3枚は持っていきます。

とはいっても夏冬関係なく多くの方は必要でしょう。

 

19.パジャマ

とてもかさばるので僕は持っていかず私服で寝ています。 

 

 

2.荷物に余裕がある人なら持っていきたい!!旅を楽しく快適にする荷物一覧

必須ではないですが、あると非常に役立つ持ち物一覧です。

f:id:muro5866:20190411154824j:image

 

1.カメラ&バッテリー&充電器&(使うなら三脚)

旅とカメラは本当に相性がいいです!!

旅の思い出を残すのに携帯よりきれいに撮りたければ持っていくべきです!!

 

2.モバイルバッテリー

旅先での携帯の使用量は予想より多いです!

宿を探すときバッテリー切れで見つけられない、、、なんてことにならないよう持って行った方がいいです。

もちろん形態もモバイルバッテリーもフル充電して出かけましょう!

 

3.腕時計

腕に付けるだけなのでかさばらず、いつでも時間を確認できるので非常に便利です。

特に旅で電車やバスの時間など時間を気にする場面も多いので重宝します。

 

4.防寒着&防寒グッズ

冬や初春でも場所や天候によって思いもよらない寒さになることがあります。

寒すぎると十分に観光を楽しめなかったりもします。

暑くなったら脱げばいいので11月~3月くらいでは防寒グッズは持ってくることをおすすめします。

 

5.サングラス&帽子&日焼け止め

逆に暑いところもあるので日焼けなどを気にする人は持ってくるとよいでしょう。

 

6.水筒&ペットボトル

旅先でも水分は絶対に必要です。

水筒やペットボトルを持ってくれば飲み物代を節約できます。

また、公園やホテルで水を汲みなおせるので便利です。

 

7.お菓子&軽食

小腹が減ったとき、外食せずに食費を節約したいときなど便利です。

 

8.ガイドブック

観光情報は意外とネットでは調べにくかったり、出なかったりもします。

ガイドブックがあれば余すことなく観光情報を知ることができます。

 

9.本

移動時間は暇なことが多いです。

そんなときゲームをするのではなく「本」を読むのがおすすめです。

普段読まない小説や啓発本を読んでみると楽しいですよ。

文庫本サイズが小さくポケットにも入るのでおすすめです。

 

10.ウェットティッシュ

汚れが付いたときなどに重宝します。

 

11.ティッシュ&ハンカチ

かさばらないのでかばんに1セット入れていても損はないと思います。

 

12.折り畳み傘

旅先によっては雨なこともあるでしょう。

あらかじめ天気予報を見て持っていくか決めておきましょう。

 

13.衣類圧縮袋

着替えや下着、パジャマなど圧縮して体積を減らせます。

100均に売っているので必要に応じて1~3枚ほど買っておくといいです。

 

14.クリアファイル

僕は旅先のパンフレットやチケット、ビラなどきれいに保管してとっておきたいのでファイルに入れて折れないように持ち帰っています。

パンフなどをきれいに持ち帰りたい人は1枚持っていきましょう。

 

15.アイマス

電車や昼の高速バス、カラオケ、漫喫などで寝る場合、電灯や太陽光で眠れないこともあるのでこれ1つあれば寝やすくなります。

 

16.耳栓

電車や高速バスで寝るときに外の騒音をシャットアウトしてくれます。

 

17.爪切り

旅先で爪を切りたくなったり、ササクレが痛くなった時に非常に役立ちます。

 

18.イヤホン

暇なときに聞いたり、一人で歩き回るときに使うのがおすすめです。

 

19.音楽プレイヤー

音楽を携帯で聞いてもいいのですが、充電がすぐなくなってしまうので音楽プレイヤーがあればそちらを使ってもいいですね。

 

20.サブバッグ&ハンドバッグ

荷物を預けて歩き回る方は財布や携帯や飲み物など最低限の荷物入れに便利です。

 

21.ノートパソコン

旅先でパソコンを使ってブログなどを更新したい方は持っていくとよいでしょう。

しかし、重めでかつかさばるので要注意です。

 

22.くし&ブラシ

たいていのホテルにはありますが、ホテル以外に泊まる人は1つあれば便利ですね。

 

23.小物入れ&ジップロック

小物や水回り品をまとめるのに役立ちます。

カバンの中でバラバラにしておくと見つけるのにも一苦労です。

 

24.筆記用具とメモ

何か思いついたときにメモしたり、何かを書く場面で役立ちます。

 

25.エア枕

電車やバス、飛行機などで長時間睡眠する場合は持ってい行ってもよいでしょう。

 

26.マスク

観光地は人混みが多いのでマスクがあると感染が防げます。

また、乗り物などは空気が乾燥してることが多いです。

 

27.ゲーム機

旅先では長時間の待ち時間や暇な時も多いのでゲーム機で遊ぶのもいいと思います。

僕は本の方がおすすめです。

 

28.トランプ&ウノなど(ぼっちじゃない人)

僕には関係ないですが、友達同士でわいわい楽しむのも旅の醍醐味です。

一人旅ではない人は1つもっていくのがいいと思います。

 

 

3.実際に旅したとき持っていってよかったもの

僕が旅に出たときとても役に立った便利グッズたちを紹介していきます。

f:id:muro5866:20190411154804j:image

 

1.カメラ

旅の思い出を保存するのに非常に役立ちますし、楽しいです。

全ての旅人に持っていってほしいアイテムです。

 

2.モバイルバッテリー

やはり、1日充電なしで調べ物などに携帯を使っていると充電が途中で切れてしまいます。

途中で充電が切れて調べ物ができなくなる前にモバイルバッテリーで充電するのがベストです。

 

3.本

旅の暇つぶしは本が圧倒的におすすめです。

かさばらない文庫本を持って行って移動中の暇なときによんでみましょう。

僕はいつも湊かなえさんか東野圭吾さんを持って行っています。

 

4.水筒&ペットボトル

ペットボトルにお茶か水を入れていけばなくなってもまた汲めます。

さらに、ペットボトルは軽くいらなくなったら捨てられるので便利です。

また、水じゃ味気ないという人はお茶パックだけ持って行ってペットボトルでお茶にするのもおすすめです。

 

5.ウェットティッシュ

旅先で食べ物のシミが服についてしまうのはよくあることです。

家だったらそのまま洗濯機に入れればいいのですが、旅先ではそうもいかないですよね?

そんなときはウェットティッシュでシミを取ってしまいましょう。

思ったよりよく汚れが取れますよ。

 

6.ビニール袋

ゴミを入れる、濡れたものを入れる、使用済みの衣類を入れるなど旅先では何かと必須のもの。

かさばりもせず、重さも皆無なのでこれは持って行って絶対に損はしません。

 

7.衣類圧着袋

下着や服を圧縮して持っていけるのでかさばりを減らせます。

毎回必ず持っていっている愛用品です。

 

4.実際に旅したとき正直あまり使わなかったもの

最後に、僕が旅をしたとき持って行ったけどあまり使わなかったなと感じたものや、あまり役立たなかったものを紹介します。

 

 

1.パジャマ

ホテルや旅館に泊まる人はだいたい浴衣などが付いています。

僕はお金がないのでそういう場所には止まらないですが気にしないので使わないです。

それに非常にかさばるのでできればもっていきたくないものです。

それでも、パジャマで寝たい人はいると思うのでそういう方は持って行ってもいいと思います。

 

2.筆記用具とメモ

旅先でメモすることは意外とあまりなかったです。

何か書くということはあるかもしれないのでペンの1本くらいは持っていってもいいかもしれないですね。

 

3.エア枕

使えば便利なんだと思うんですが、膨らませるのが面倒くさくて結局使いませんでした。

使い終わったらまた潰さないといけないので意外と面倒です。

 

 

いかがでしたか?

あくまでこれは「僕が」持っていってよかったもの、持っていかなくてもよかったものです。

絶対それが正しいという訳ではないので、多少は自分でカスタムしましょう!!

f:id:muro5866:20190411154821j:image

 

旅前に荷物を詰めるとき、リュックに冒険を詰めているようでわくわくするものです。

みなさんも持ち物をしっかり準備して旅に出かけましょう。

持ち物がしっかり準備で来ていてこそ旅を最大限に楽しむことができます!!

 

ではでは

焼きねぎ

どうも、られるらです。

 

学生の方も社会人の方たちも春休みが終わりましたね。

僕は初日から授業とバイトでブログが更新できず、継続日数をリセットしてしまいました。

 

旅は暇を見つけて必ず行きたいと思います。

近々原付を譲ってもらえることでになったので「原付旅行」なんてのもいいですね。

それか、レンタカーを借りて一人で「脱ペーパードライバー旅行」をする。

ゴールデンウィークを使って「四国一周」をしてくる。

それとも、ラーメンだけを食べて近隣を回る「ラーメン食べ歩き旅」をしてしまう。

 

もう、考えただけでいろんな旅があふれて、わくわくが止まりません。

 

バイト先のバルでの「一本焼きねぎ」というメニューです。

ちょっときれいな燃え方をしていたのでiPhoneですが写真を撮ってしまいました。

f:id:muro5866:20190411003544j:image
f:id:muro5866:20190411003548j:image

 

こんなねぎみたいに燃えるように旅がしたい。

 

ではでは。

 

旅好きや大学生なら絶対やるべき!リゾバが超おすすめな理由7選

どうも、られるらです。

 

みなさん、「リゾートバイト」ってご存知でしょうか??

リゾートバイトとは観光地のホテルや旅館などに1週間から人によっては数ヶ月、泊まり込みで働くアルバイトです。

働く場所は沖縄だったり、北海道避暑地遊園地までいろいろな場所の中から選べちゃいます!!
f:id:muro5866:20190409185124j:image
f:id:muro5866:20190409185132j:image

 

しかも、宿泊費や食費はたいてい無料、交通費も規定額まで負担してくれ、休みはそこでできた友達と遊びに行くなんてこともでき、しかも当然お金ももらえます!!

 

おすすめな理由結構言ってしまいましたが、

リゾートバイトが超おすすめな理由を紹介していきたいと思います!!

 

目次

 

1.好きな観光地で働くことができる

f:id:muro5866:20190409152029j:image

リゾートバイトのおすすめな理由として、まず自分の働きたい場所を自分で選ぶことができます。

先ほども言ったようにあらゆる観光地から働く場所を選ぶことができます。

・沖縄、北海道、伊豆、箱根、軽井沢、

・山、海

・遊園地

・ホテル、旅館

・温泉地、スキー場、雪山、離島

などなど挙げればきりがありません。

お休みの日や休憩時間にその観光地で遊んだりできるのでとても楽しいです。

 

しかし、自分の行きたいところを選ぶときに注意があります。

シーズン中に働くことと、早めに申し込むことです。

 

ホテルなどの雇う側としては春休み、夏休み、冬休み、ゴールデンウィークなどの観光客の多いシーズン中に人手がほしいのです。

だから、オフシーズンに働こうとしても働かせてくれる場所はあまりないと思います。

お盆などは繁忙期ということで時給アップをしているところも珍しくないですよ。

 

それから、働きたい場所があるなら早めに申しまなければなりません。

その観光地で働きたいと思っている人は他にもたくさんいますので、彼らより先に申し込んでしまわないと定員オーバーとなってしまいます。

遅くとも働く1か月前くらいには申し込みなどをしておくとよいでしょう。

 

以上2点を注意すれば好きな場所で働けると思います。

 


2.お金をたくさん稼ぐことができる

f:id:muro5866:20190409152322j:image

2つ目のおすすめな理由はお金がたくさんもらえるからです。

僕が去年や一昨年リゾバで働いたときは3週間弱で約15万円でした。

この3週間弱には1日中休みの日も週1~2日くらいで入っていました。

 

基本は時給1000円前後(僕の場合は1000円)で、8時間以上労働か10時以降の就業で2割増しだったと思います。

3週間で週1休みで毎日8時間働いたとすると、

1000円×8時間×18日=148000円つまり、14万8000円ですね。

 

なので、長期休暇でヒマな大学生や、観光しながらお金を稼ぎたい人旅のためにたくさんお金を稼ぎたい人はおすすめです!

 

また、

 

3.かけがえのない出会いがある

f:id:muro5866:20190409152216j:image

 

リゾバのおすすめな理由の3つ目は友達(もしかしたら恋人も?)を作れるからです!

リゾバには様々な人が集まります。

経営者、社員、お客さん、そして同じくバイト仲間たちです。

リゾバはなんといっても大学生が圧倒的に多いです。

20歳前後のフリーターや専門学生も来たりします。

つまり、大学生くらいの年代の人は若い人が多く友達になりやすいんですね。

また、カップルが成立して帰っていった人たちもいたようです、はい(うらやましい)。

 

リゾバに来る人は個性的な人が多く、とっても楽しいです。

話が超面白い人だったり、マシンガントークな人だったり、メンヘラだったり、チート級のモテ男だったり、いじられまくりな人だったり、超絶優しい人だったり、ド天然だったり、ドSだったり、、、

とにかくキャラの宝庫なんですね!!

 

また、大学生よりは少なめですが、中年の愉快なおじさん、おばさん、30前後の優しい先輩なども来たりするのでとっても楽しく毎日過ごせます!!

 

今でもたまーに連絡を取ったりとかけがえのない仲間ができますよ!!

 

4.食費や宿泊費が無料で食事がおいしい

f:id:muro5866:20190409151959j:image 

 リゾバのおすすめな理由の4つ目は宿代や食費など生活費がほぼ無料な案件が多いうことです!

 

・寮を無料で貸し出し

・食事を朝昼晩とすべて出してくれる

・ホテルの大浴場を使わせてくれる

・無料洗濯機が寮に付いている

Wi-Fiは無料で使える

・山頂行きのゴンドラを無料を使える

など、僕の働いていたホテルはこのような特典が付いていました!

しかも、朝晩はビュッフェ形式なので朝晩は毎日バイキングで食べ放題でした!!

さらに、従業員はお客さんが入り終わった後に入るので毎日ほぼ貸し切り状態でした。

 

ここで注意してほしいのはあくまで「多い」だけであって、一食300円かかったり、寮費を払わなければならないとこもあるのです。

これらのことはリゾバの仲介会社から請求した資料に書いてあるので必ず目を通しましょう。

 

 

5.修行して自分磨きができる

f:id:muro5866:20190409172743j:image

 

5つ目のおすすめの理由は自分磨きをして自分を成長させるチャンスだからです。

 

リゾバでは個室のことも相部屋のこともあると思いますが、シフトが必ず被るわけではなく一人で部屋にいることもあります。

また、休み時間や休みの日もあることからどうしても暇な時間ができます。

そこで、

・勉強

・読書

・筋トレ

・ブログ

など普段してないことや自分の糧になることなどをしてみましょう。

 

特に筋トレ読書はおすすめです。

筋トレをしていると力が付き活力が湧いてきます。

読書は知識を増やし新しい世界を見せてくれます。

まさに文武両道、せっかく普段と違う環境に身を置いているのですから、何かしら成長して帰りましょう!!

 

6.ホテルや旅館の施設を使える

f:id:muro5866:20190409152003j:image 

リゾバがいい6つ目の理由はホテルや旅館の施設を使えるです!

 

ホテルってたいてい娯楽などが付いてきますよね?

それを従業員に無料で貸し出してくれる場所もあるんです!

 

僕の行っていたホテルでは

・カラオケ

・ゲームセンター

・ビリヤード

・麻雀

ジェンガやトランプやウノなどのパーティゲーム

・漫画や本

・大浴場

・ゴンドラ

などを無料で使わせてもらいました!!

 

特にゴンドラは普通に乗ったら往復で2000円くらいはしたはずです。

 

ただし、もちろんお客さん優先なので繁忙期やお客さんがいるときはだめです。

当然節度を守って社員さんやお客さんに迷惑をかけない範囲で楽しむべきではあります。

 

 

7.とにかく楽しい!!!

f:id:muro5866:20190409172750j:image

 

そして最後のリゾバのおすすめな理由は楽しいからです!!!

これに尽きます!!

 

観光地で遊びながらお金を稼ぎ、友達と一緒に寝食を共にする、

ちょっと修学旅行みたいな感じかもしれませんね!!

 

ちなみに、僕の行ったホテルでは働き始めた日にフェスがありました。 

なんと、ホテル前の広場でゲス極やサイサイ、パスピエなど豪華10組のバンドによるライブが行われてたんです!!

これはリゾバ案件の中でもかなり珍しいのでは??とは思いますが!

f:id:muro5866:20190409172739j:image

 

さらに、休日には車持ちの先輩に温泉やショッピングモール、飲食店に連れて行ってもらったり、友達とゴンドラに乗って山をハイキングしたり、カラオケやビリヤードをしたりなどとても楽しく過ごせました。

 

とにかくリゾートバイトはとても楽しいです!!

興味を持ったならぜひやってみるべきです!!

 

 

8.おわりに 

f:id:muro5866:20190409172754j:image

 

この記事を読んでくれて、少しでもリゾートバイトの事が楽しそうだと思ったらとりあえず「行ってみる」べきです。

旅と一緒で出掛ける前は不安で怖くなってしまいますが、行ってみると未知の楽しい冒険が待っています。

勇気を出して1、2週間だけでも行ってみると一生に一度の素晴らしい体験ができることでしょう。

滅多なことがない限り学生のうちにしかできませんよ!

 

ではでは

 

春の斜陽

どうも、られるらです。

 

今日は春の日差しが暖かったですね。

やっと本当の春が来た感じがしました。

というのも、昨日自転車をこいでる最中で転倒しそうなほどの暴風が吹いたので春が感じられてなかったんですね。

 

そんなこんなで春の太陽に包まれる猫たちです。

f:id:muro5866:20190409174505j:image

 

暑そうだったので涼しげに。
f:id:muro5866:20190409174518j:image

 

ぺろりん。
f:id:muro5866:20190409174509j:image

 

ではでは

高所猫

どうも、られるらです。

 

猫ってやっぱり高いところが好きなんですねえ。

屋根に登る猫なんて漫画の中だけかと思ってたんですけどまさかうちで見られるとは!

f:id:muro5866:20190408233608j:image

 

ふにょ〜ん
f:id:muro5866:20190408233825j:image

 

私事ではありますが2ヶ月にわたる春休みがおわりました。

しかし、週末に暇を見つけてまた何か未知の旅に出かけようと思っております。

 

ではでは